<   2008年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧
久々の・・・

しぐま です。

f0062095_22275042.jpg


去勢も無事終わり、皆と仲良くしてくれるかと 期待大でしたが、去勢した割には、
全く変わらず、虚勢を張っております。
何度か、皆のいる所へ連れて行っては、仲良くしてもらおうとするのですが、
ゲージに入れている時は、睨みをきかし、、外に出したら、即襲い掛かります。

友好的な ふぃがはしぐまの気配を察知すると 最近震えだし、他のにゃんは姿形
が見えません。
にゃので、未だに、息子の部屋で 天下とったつもりでいます。

f0062095_2232327.jpg

生まれ育ちが良いもので、まろまゆげでございます(笑)
しかも、去勢が終わり、病院へ迎えに行ったら、先生が「しぐまちゃん、三毛ちゃん
だよね、雄の三毛は珍しいのにねぇって、手術前に話していたのよ」って。。。
終わった後に聞かされました。

f0062095_22343794.jpg

ずんぐりむっくりの体型は相変わらず。

f0062095_2235157.jpg

そんな事は、全く関係にゃい、、との事で、全くのマイペース。
しぐ、、皆と仲良くなっておくれぇ~~~~。

ご報告
[PR]
by irodorukoro | 2008-05-27 22:31 |
ありがとぉ~~~^^

先週末 そいゆさんが、可愛い そ~ちゃん、い~ちゃん、ゆ~ちゃん
連れで、金沢の学会出席を兼ねて 遊びに来てくれました。

お会いして、、
先ずは、昼食そして、窓から見える川原で ひと遊び、、から始まった
金沢散策。(お食事は、そいゆさんの所で見てくださいね)
金沢は、ほとんど始めて と言う事で、やはり 兼六園かなぁ。。
その前に、21世紀美術館を外から見て、兼六園・金沢城跡へ、、

そいゆちゃんたち、公園と言ったものだから、遊具は??と期待大。。
ごめんね~~、、庭園と言うべきだった(汗)
そして、近江町市場へ・・・
でもねぇ、子供たちは 面白くないよねぇ、、どうしたものか。
そうだ!近江町市場の前のデパートの屋上に行ってみるか!

屋上の遊具は、少し古びたものでしたが、そこで少しは楽しんでくれた
様子(汗)
今度 来てくれた時には、みんなが楽しめる所へ案内するからね。

きちんと育てられているのが良く分かる そいゆちゃんたちは、とっても
賢くしっかりしています。
そして、可愛い♪

デパートから出るとき、手を繋ぎに来てくれた ゆ~ちゃん、、
何か呟いたので、聞きなおすと 「おばちゃん 大好き!!」って 言って
くれてました。とっても 嬉しかったよ♪

最後に 「金沢のくるくる寿司は、ちょっと違うと思うよ、、」と、おすし屋さんへ。
当たり!!でした。
そいゆさんも、そいゆちゃんたちも、ここでは満足してくれた様子。。
ああ、良かった(笑)

そこで、隣に居た、「おばちゃん 大好き」と言ってくれた
ゆ~ちゃんをパチリ。
f0062095_1121310.jpg

ピントも何もあったものじゃありませんが、自然な笑顔で 可愛いでしょ。
ほんとに 可愛いの♪

画像UPは、そいゆさん了承済なのですが、カメラの設定など 大きく
間違っていたり、ブレていたりで、今回は全てボツ。
唯一、ゆ~ちゃんの↑の画像が これで良い方、、そ~ちゃん、い~ちゃん
今度会った時、ちゃんと写してUPするからね~~、ごめんね~~。

女医さんの そいゆさんは、とっても知的でやさしいママでしたよ。
車で案内しながら、金沢を知らない そいゆさんに 道を聞いている私、、
それに、しっかりと答えてくれた そいゆさん(爆)
お土産も頂き、お寿司もご馳走になりました。ありがと~~。

そいゆちゃ~~ん、また あそんでねぇ~~。
[PR]
by irodorukoro | 2008-05-20 10:39 | お出かけ
「有難う」の意味
みなさま~~~~。
いどどり、日常生活に何とか入っております。
食事もつくっとりますよ~~~。

今の状態はと言いますと、買い物に行けるほどに回復しています。
ただ、少し 二足歩行ロボットの「ASIMO」君状態の歩き方です(笑)
くしゃみをすると、腰が砕けそうになるのと、屈むのが出来ませんが。。
重いものもまだ持てません。

床にひれ伏している間、暇で色んな事考えました。
人の心が少し見えたような気がしましたが、、まだまだ修行が足りません(笑)
痛み止めと一緒に、胃腸薬が出ている為、お腹が空いて食事の美味しい事、、、
食っちゃ寝の生活が続き、すっかり、、、こんなんです(涙)

これじゃあ あきません!
と、今日は、お腹の底から発声練習をしました。
ま、、ただ単に友達とお喋りしただけなのですが(笑)
それでも、10日ほど人と話をしていませんでした。

その内容がちょっと面白かったので、、お暇な方は聞いてください。

私「いやぁ~~~、3日おきに色んな事起きて(ビビちゃんの事・母の肋骨のヒビ
  私の、ギックリ腰)今回はちょっと参ったわぁ」
友「そういう時は、有難う って言うんだって」
私「はっ??」
友「有難うって、難が有るって書くでしょ、、
  何か問題が起きたとき、有難う って言うと難から逃れられるんだって
  難続きのチェーンが切れるんだって」
私「ふーん」
友「事故を貰ったときなんかでも、直ぐに 有難うって言うと良いんだって」
私「事故貰って有難うって言えないなぁ」
友「心が無くても、そう言っていると、難から逃れられるんだって、、言霊っていうでしょ。」
私「確かに、事故がこの程度で済んだと思えば 有難う って言えるかも」
友「そうそう、その考え方、、」
私「それに、今回、3回に分けて 困った事が 分散されたのかも分からないなぁ、、
  1度にでっかいの来たら、立ち直れないものなぁ」
友「そうだよ、、そこで、有難う って言えば良いんだよ」
私「そうかぁ~~」

と、まぁ、こんな内容で、納得したような、しなかったような(笑)
ただ、人の行為も言葉も 出した本人に返ってくると言いますよね。
不満を言わずに、有難う と言っているほうが 良いのかも なんて思ったり。
でも、友達と、どうして、感謝の言葉が「難が有=有難う」になったんだろ??
不思議やねぇと考えていました。
  
  
f0062095_17103338.jpg


f0062095_17105032.jpg

いずれ菖蒲か杜若 なんて呟きながら
カメラも久しぶりに持ちました。
屈むと痛いので、地面にお尻をおろして・・・


でも、今日の主役は ↑ ではありません。
もう少しで、私のお尻の下敷きになりそうだったこの子。。

f0062095_1711111.jpg

頑張ってます。
咲き誇る アヤメの横で、誰の目にも留まらず終わってしまうかも
分からない、名前も知らない 小さな花。
アスファルトの隙間から、こんなに可憐で、可愛く主張しています。
うんうん、私も頑張るよ。。


*肝心な事を、忘れていました。
ご心配頂いた方、又、私のメアドをご存知で、お見舞い頂いた方々、、
優しさを頂き感謝しています。有難うございました。
[PR]
by irodorukoro | 2008-05-16 17:14 | 花・木・実
心の良薬

ここ数日 あまり相手できなかった ふぃが

部屋の前であまりに鳴くので 中に入れたら、、この表情。。


f0062095_163423.jpg

この顔見てたら、、全てのイタミを忘れた。。

こんな時間に、元気になれた・・・(感涙)
[PR]
by irodorukoro | 2008-05-10 01:16 | ふぃがろ
かわいいお出迎え

少し前になりますが、母と出かけたとき こんな可愛い歓迎を受けました♪


f0062095_16283924.jpg




皆様、今日はお仕事でしょうか?
連休の疲れが出ているのでは?
お仕事は適当にして、気分が乗らないときは、無理されませんように。

そうでないと、私のようになります。
実は 私、ギックリ腰 初体験をやってしまいました(涙)

遥か昔、まだ若かりし頃、職場で、、
昔、机の横に不要になった書類を切ってメモ用紙にして黒い紐で 吊り下げて
いた事ってありませんでした?(歳分かりますね、笑)
それを取ろうとした男性が、身体を斜めにしたまま担架で運ばれていきました。
それが、ギックリ腰を知ったはじめです。
最近では 近所の人が、壁面に両手を当てて 支えにして横向きに歩いているので
「どうしたの?」と聞いたら「ギックリ腰」と辛そうに答えたのを覚えています。

私はまだ今の所、自力で歩けるくらいなのですが、かなりギコチナイ
というか、やはり痛いです。
普段 腰にどれだけ負担を掛けているか良く分かります。
病院で先生に、腹筋と背筋を鍛えるのが一番です。といわれました。
治ったら、心入れ替えて、マッチョ目指します(笑)

連休が明けたし、さあ!!やるぞ!!と思ったとたん グキッときました。
先生のお話では、明日から全く動けなくなるか、もしくは意外に軽く快方に
向かうか、様子を見ていきましょう、、という事です。

さて、どうなることでしょう。。
[PR]
by irodorukoro | 2008-05-07 16:41 | お出かけ
1 / 1 の命
ゴールデン・ウィークも いよいよ最終に近づいてきましたが
皆様、如何お過ごしでしたでしょうか?
明日あたりは、お家でゆっくりと とお考えの方も多いのでは?

私は、ここ2週間ほど、パソコンと格闘していましたが、ついに惨敗、、
自分の無力と無知に打ちのめされています。

そして、先日来みなさんに紹介していた、可愛いビビちゃんのことで、
報告があります。
少し長くなります。

ビビちゃん、あの場所から居なくなったようです。
おじさんの話では、今の時期、毎年 鶏肉に毒をつけて置く人が居るらしく、
あの場所には30匹位の猫が居たらしいのですが、ここ数年で 次々と姿を
消し、今は しろちゃんだけになったというのです。

何だかフラフラしている ビビちゃんの様子がおかしいと おじさんが気が付い
た時には もう手の施しようは無かったのだと思います。
あの場所は、綺麗に整備されていますが、猫が潜んで居ても全く分からない
草叢の状態です。
毒をつけた鶏肉の一片が落ちていても誰も分かるわけは無く、、ビビちゃんが
いつも潜んでいた場所に置かれたのでしょうか。。

残念です。
猫の繁殖の時期だからでしょうか?
でもね、去勢や避妊をせずに 繁殖したとしても、自然は厳しいものです。
ちゃんと淘汰されていくものだと思うのです。
それに、猫が何をしたのでしょうか?
繁華街ですから、飲食店にでも入って、食べ物を盗んだのでしょうか?
中に入って 粗相でもしたのでしょうか?

小さな命でも この世に生まれ生きていくのは皆同じ ひとつの大切な命
なのではないのでしょうか?
おじさんがね、、「ビビちゃん かわいそうに・・」と 2度繰り返してつぶやいた時
怒りと悲しみと無力感が 身体中の毛穴から吹き抜けていきました。

帰りの車中、ビビちゃんの事を考えていました。
固く締めたはずの栓が 時々弛んで困りました。
毒をもった人間のことも、考えました。
でもね、私も変わらないんじゃないかと フと思ったのです。
勿論、猫を愛して止まない気持ちは、毒をもった人間とは全く逆です。
でも、カメラを向けて 可愛い楽しい・・とその場を去っている自分は、結局
自己中心的な人間なんじゃないだろうか。

お外の猫ちゃんを撮るとき、決して写真の為に 猫ちゃんを撮るのは止めよう、、
それは恥ずかしい事だと思っていたはずなのに、自分はそうしている。
もう、しろちゃんを撮りに行くのはやめよう。
カメラの対象は 景色だって、花だっていっぱいあるじゃない、、そう思いました。

ただね、ビビちゃんと出会ったとき、吸い込まれるように、夢中で、、、、
あんなに夢中に写真を撮ったのは、この時が最初で最後かも分かりません。
ビビちゃんが あの場所でしろちゃんやおじさんと出会わせてくれたんです。
このまま写真を撮るのを止めるのは良いのです。
でも、残ったしろちゃんと新しい命は(言っていませんでしたが、しろちゃん
4匹子供が生まれたらしいのです)なんとしても守ってやりたい。

どうすれば良いのか?
毒をもった人を探して、説得するのが一番でしょうか?
うーん、、人の言葉に耳を傾けてくれる人でしょうか?
そんな人なら、こんなひどい事はしないはず。
人の言葉を聞かない人間を説得するのって、山を動かすより難しいかもしれない。。
現場をおさえるか、、それも、毎日夜中に巡回しに、往復6時間掛けられない。。

毒が体内に入ったときは、吐き出させて胃の洗浄をするのが一番なのでしょうか?
でも、直ぐで無いと意味がありませんよね。
しかも、相手は猫ちゃんですから、苛められていると思うかも。
解毒といっても何の毒がつけられているのか、分からないとだめなのでしょうか?
明日には病院も開くでしょうから、いつも行く獣医さんに相談してみます。
先ずは、そこからはじめます。

ビビちゃんの話を聞いたとき、私は おじさんに「何処で寝ているのか もし、
何かあったら直ぐに逃げて欲しい」と余計な事を聞いて、余計な心配までして
しまいました。
ホームレスさんって、皆さんどのように受け止めていらっしゃるか分かりませんし
色んな方がいらっしゃると思います。
でもね、あの場所に集まってくる方たちや、特にそのおじさんは、こんなおばさん
でも同等に受け入れて、本当に優しくて礼儀正しいのです。

私が、うずくまって写真を撮っているとき、膝に力が入らないので、つい 尻もち
をつくんですね、、そしたら おじさんずっと私の後ろについているので、どうして?
と思っていたら、私が転ばないように後ろで支えてくれたりね。。

それで思い出しましたが、私ここに出かけるときは、結構重い大きな荷物を持って
居るのですが、車中が混んだりすると棚に乗せるのに、一苦労するのですね。
中のものを倒さないために安定させて、棚に乗せようと思うのですが、電車が
揺れたりして中々 高い棚に乗せれないのです。
そんな時、車中の男性で、誰一人として私を助けようとしてくれた人は居ません。
逆に、棚の下に座っている男性に「チッ」と舌打ちされたこともあります。
おばさんだからでしょうか??
流石にこの時は、腹がたちました。

話が大きくそれましたが、
人や動物を外見や自己中心的な感情に流され、決め付け、、行動する事だけは
やめて欲しい。
最近は、そういう人が多すぎます。

私は思うのですが、同じときに こうして生きている、、
そんな素晴らしい事はないんじゃないかって、。
そして こうして縁が繋がるって事は、奇跡に近い事なんだってね。

広い地球で、大勢の生き物が居て、その中で言葉を交わし、心を通わす事って、
ほんの一握りの相手しか居ないんです。
そんな事を思えば、相手をないがしろに出来るわけがない。
ましてや、命を絶つことなんて、出来る事ではないのです。

これは、私の個人的な意見で、もし 意に沿わない方がいらっしゃったら 申し訳ありません。
今回だけ、、、こういうお話をさせて頂きました。
最後まで 聞いてくださってありがとうございます。



f0062095_8231751.jpg


f0062095_823561.jpg


f0062095_8242055.jpg


f0062095_8244864.jpg


f0062095_9311751.jpg

ビビちゃん、ゆっくり休んでね。
そして、又いつか何処かで 会えるといいなぁ。。

合掌
[PR]
by irodorukoro | 2008-05-05 08:38 | 外猫